コラム

イメージするのは常に最強の自分だ

こんにちわ!hayafitの林です。

今回は僕の大好きなfate/stay nightの言葉って僕が今学んでいるコーチングの
概念に通ずるものがあるな、と思って記事にしました。

——忘れるな。イメージするのは常に最強の自分だ。外敵など要らぬ。
お前にとって戦う相手とは、自身のイメージに他ならない

 

この言葉、大好きで昔から自分を鼓舞する為によく使っていました。

一般的な解釈としては人と比べず、自分の軸を持つ的な解釈だと思います。

自分史上最高を追求する、自分軸で生きる。

これって今でも大好きな言葉ですが、筋トレやボディメイクに向き合う事で自分と戦う
事が増えてきて痛感する事が有ります。

最強の敵は自分

トレーニングや食事に向き合うと、常に自分との葛藤です。

もうこれくらいでいいや・・・

ちょっとくらい食べてもそんな変わらないよね

他にも人と比較して劣等感を感じてモチベーションを下げたりと、自分はとにかく
試練を与えてきます。

外敵など要らぬ、というより自分が勝手に外敵を作ってるんだなーとコーチングを
学んで痛感しています。

放っておくと内なる自分はドンドン敵を作ってきます。
食欲のような欲求という形で自分の内側で作る分にはいいんですが、しまいには外側に
敵を作りだすでしょう。

自分が痩せないのはあの人がご飯に誘ってきたからだ
あの人は自分と同じ生活なのに痩せている。おかしい

 

これは良くない。こういった敵対的な考えで人に接すると間違いなくトラブルになります。
事実と解釈の問題ですね。基本的に僕たち人間は楽したいので他人に責任を求めようと
解釈する癖が有ります。

勿論他人に責任を求めても解決しません。ではどうすれば良いのでしょうか。

 

投影、開始

投影、開始

これはこの作品の主人公の必殺技なんですが、僕たちもこれが使えます。

外に敵を作り出そうとした時、自分は何をしたかったのかを思い出す言葉
(僕は詠唱と呼んでいます笑)を決めて心で呟きます。

彼は投影、開始と呟くと武器が出せます。
僕たちもリアルの武器は出せなくても、最強の自分をイメージ出来る、シンプルだけど
本音の言葉を考えるのをおすすめします。

ちなみに最近の僕の詠唱は

でかくなりたい

です。来年大きな男になる為に今はとにかでかくなる。その為にブレそうになったら
でかくなりたいと呟いています。

皆さんもぜひ自分だけの詠唱、考えてみてください!